わたし、定時で帰ります=「I♡家」活動のご紹介


 

はじめまして!パブリックグッドの山内と申します。

入社してそろそろ1年になります!

 

4月~の春ドラマも盛り上がってきておりますが、皆さんはどんなドラマを見てますか?

 

最近社内では、ドラマ「わたし、定時で帰ります」が話題になっています。

自分はまだこのドラマを見られてないのですが、公式サイトのあらすじでは、

 

効率・生産性が高い仕事をし、残業ゼロ生活を貫く主人公(吉高由里子)に、

ワーカホリックだったり、ワーキングマザーだったり、辞めたがりの後輩だったり、

ブラック上司など曲者社員が立ちはだかる、といったストーリーらしいです。

 

働き方改革が叫ばれつつも、なんとなく帰りづらい・・といった社会人の方が多い中で、

すごく時事性とマッチしたテーマを扱っているなぁ~と感じております。

 

実際、今年4月23日に発表された「新入社員のキャリアに対する意識調査」(出典:ラーニングエージェンシー)にて侵入写真に会社での労働時間についての考えを聞いたところ、「定時に帰りたい」(42.3%)が5年連続で増加傾向になっている等、定時で帰る意識はより高まっていきそうです。

そうした流れにもかかわらず、PR業界では残業が常態化しがちなのが事実です。

 

ただ、本来はPRアイデアを考えるための知識や、メディアを見る等

インプットも重要なのにも関わらず、残業によってそうした時間がとられてしまう事で、

更なる生産性の低下⇒残業の負のスパイラルになってしまうのでは・・・といった懸念から、

パブリックグッドでは去年から「I♡家」(読み方:アイ・ラブ・イエ)といった活動を始めました!!

 

「どこに稼働がかかっているのか?」「それは自分がバリューを発揮できる領域なのか?」「工数削減が出来るポイントは?」

 

等をヒアリングしながら、全体の仕事の中で

「自社で100%行う必要がある事」「外部パートナー会社に一部協力いただく事」

「やり方の改善で効率が上がること」

等を棚卸し、社員の稼働や実働を、仕事のクオリティを下げずに出来る方法を模索しております!

「生産性が高いPR会社」を目指して頑張っております!!

また今後の活動についてはいつか書かせていただきます!

 

宜しくお願い致します。


パブログTOPへ 全体のTOPへ